経営アドバイス・コーナー
お問合せ

黒字化支援

昭和20年から40年までは約7割の会社が黒字でした。ところが、時代は大きく変化し、いまや、黒字の会社が約2割という状況です。


右肩上がりの成長の時代は終わり、どの企業においても経営戦略が模索されるようになりました。


会社が赤字になると、売掛金をきちんと回収していても、資金がショートしてしまいます。金融機関も赤字の会社にはなかなか貸したがりません。社員への待遇が悪化すると、優秀な社員から順に辞めていき、新たな社員の採用も難しくなります。


したがって、企業は何としても赤字を黒字に転換する必要があります。
また、売上、粗利、営業利益、経常利益を増やしていくことは、企業が社会的価値を高めていくことになるのです。


夢会計事務所は次の方法で黒字化の支援を行います。

① 社長が夢と情熱を持ち、ビジョンを描くご支援をします。

社長の使命は夢を持ち続けることです。
社長の仕事は現場で作業することだけではありません。経営を行うことが社長の役割です。
社長が従業員と同じように木から果実を採っていたら、採れる実が無くなってしまいます。社長は実がなる木を植え続けなければなりません。

社長には情熱が必要です。
従業員は社長をしっかり見ています。社長に情熱がなければ従業員が情熱をもって仕事にあたることはありません。会社を伸ばすためには、社長の熱い思いが必要です。

ビジョンは具体性です。
夢や情熱は語るだけではたりません。具体性がなければ実現しません。それを事業計画に落とし込みます。
方向性を決めて邁進する。毎月の試算表と照らし合わせ、計画が実現されているか確認し、行動することによって着実に夢が実現されていきます。

イメージ画像

② 社長が会計力を高め、会計を活かせる会社組織にします。

社長の会計力を次の5段階で支援します。
(1)書ける (2)読める (3)使える (4)見通せる (5)話せる

「すぐに会計を理解してください」というわけではありません。
私が毎月、監査にお伺いするたびに、少しずつ社長の会計力を高めていただきます。
そうすることによって、会社がお金を管理できるようになり、事業計画が実現され、発展していくようになります。
百年企業と言われる日本の老舗企業は、すべて会計を活かしています。

会計力が高まれば、会社は必ず強くなります。

イメージ画像

③ TKC会計システムの業績向上ツールを活用します。(K・F・Sの実践)

K・F・Sとは、当事務所が、関与先企業の戦略的経営を強力に支援するために、オールTKCの総力を結集して

1.「K」=TKC継続MAS支援システム
2.「F」=TKC戦略財務情報システム(FX2)
3.「S」=書面添付推進
――の3分野の推進を掲げているものです。


「K・F・S」それぞれの具体的内容は次のとおりです。

1.「K(TKC継続MAS支援システム)」
中小企業の業績管理の仕組みづくりを支援する会計事務所用経営コンサルティングツールです。
次期事業計画(経営基本方針、目標利益計画、資金繰り計画、設備投資計画、部門別利益計画等々)の策定から、四半期ごとの業績検討会の開催と期末3ヵ月前までの戦略的な決算対策を支援します。

イメージ画像

2.「F(TKC戦略財務情報システム・FX2)」
TKCのパソコン会計ソフトであるFX2は、経理事務の合理化のみでなく中小企業経営者の正確でスピーディーな意思決定を支援する業績管理ツールです。
日常業務中、常に最新の全社・部門別業績を確認することができ、経営上の問題点についてドリルダウン型の原因究明が可能です。

3.「S(書面添付推進)」
より正しく適正な税務申告書の作成と提出を支援するため、夢会計事務所では、税理士法第33条の2第1項に定める書面等を申告書に添付する運動を積極的に推進しています。
その目的は「適正申告納税の実現」「関与先企業の健全経営に寄与すること」を期して会計事務所の合理化と業務水準の向上を図り、夢会計事務所が作成した税務申告の内容について税務当局から「調査の必要はない。申告是認の取り扱いをする」と言われるほどの信頼と高い評価を獲得することにあります。

優良企業にこそ融資するというスタンスである金融機関が、融資の判断をする上で求めているのは「適正な決算書」および「最新の試算表」、そして、「綿密な事業計画書」です。これらが金融機関の融資窓口において当たり前のこととして求められる時代になっています。


従って、中小企業経営者は

1.試算表・決算書を正しく作成し、さらに事業計画書を策定して今後の事業方針を合理的に説明できなければならないこと
2.日々の業績管理はもちろん正確で迅速な月次決算に基づく意思決定が重要であること
3.毎月の巡回監査に基づく「適正な決算書」が高い信頼性をもつこと
――を認識する必要があります。

これらのためにK・F・Sを実行することが必要です。

TKC会計人のクライアントのうちK・F・Sを実行している企業の5割超は黒字であると統計値が出ております。黒字企業は2割台という時代に5割超黒字という数字が、いかに実績を上げていることかは明らかでしょう。
ここにTKC会計人でなくてはならない理由があります。TKCの理念に基づいて月次巡回監査を遂行し、TKCシステムによるサービスを受けていただくことが黒字化への最短ルートであり、企業が発展し、社長の夢の実現につながるのです。

夢会計事務所はこれらの方法で社長と併走しながら、社長の会計力を高め、会社の永続的発展の支援を行います。
黒字化を継続して百年企業を目指しましょう。